風俗店の定義とはどのようなものか考えてみる

目の前にいるお客様を満足させる仕事

デリヘルなどの風俗の仕事は、いかにお客様を満足させて次に繋げるかだと思います。
お客様であり恋人でもあるので、その時間だけでも本当の恋人のように振舞って見せるのも仕事の一環になります。ただ、誤解されてしまうと厄介なので、仕事は仕事という風に割り切ることも大切です。その線引きは非常に難しいものだと思うので、風俗は本当に大変な仕事だと思います。
お客様の要望には応えたいけど、無理なものは無理だとはっきりと断ること、プライベートの時間はしっかり確保することが重要です。あまり深入りしすぎてストーカーまがいの行為をされるまで誤解させてはいけません。
一度無理を許すと人というものは段々欲張りになっていくものなので、くれぐれも注意してください。

お客様は神様ではない

よく飲食店などで店員にクレームをつけているお客がいるか、あれほど迷惑なお客はいません。
ソープ嬢に対しても同じことが言えます。いくらお客でも、最低限のマナーは守ってほしいものです。
ソープは本番行為が許されている唯一の風俗店です。しかしそこは法律上問題があるので、ソープ内での決まりごとは守るべきです。
例えばネット上では料金についてはダイレクトに書かれておらず、入浴料だけ明記されていても、入浴料イコールサービス料ではないことは皆知っていることです。それを話が違うなどとクレームをつけるのはおかしな話になります。売春行為にならないように、ソープではあくまで「入浴補助をしていたらたまたま男女関係になってしまった」などという何とも苦しい言い方をしているのです。入浴料とサービス料は別であるということは常識として考え、お互いに良い気分になれるよう過ごしてください。